デニムに合う!オン・オフ頼れるビジカジバッグの選び方 – IKETEI ONLINE MAGAZINE!

デニムに合う!オン・オフ頼れるビジカジバッグの選び方

772 773 IKETEI ONLINE MAGAZINE!

デニムに合う!オン・オフ頼れる
ビジカジバッグの選び方

毎日使うビジネスバッグは、ビジネスパーソンの基本とも言えるアイテム。数多くの商品の中から、自分の職業や仕事スタイルに合ったバッグを選ぶために、IKETEI ONLINEがお手伝い致します!

服装が比較的自由で、デニムなどカジュアルなスタイルで出勤している方に必見!カジュアルだけどビジネスの場にふさわしいビジカジバッグを選ぶポイントを解説!


1.業界別!仕事着の着こなし方

アパレルやマスコミ関係、IT、広告関連など、服装の自由度が高い職種は限られてきます。このような職種だと、スーツよりもジャケパンやデニムで出勤しているという方が多いのではないでしょうか。ほとんど私服のようなスタイルには、フォーマルなイメージのビジネスバッグでは浮いてしまいますカジュアルデザインや、アクセントのきいたカラーバッグがおしゃれです。


2.デニムに合わせるビジネスバッグの選び方

2-1.デニムに合うカジュアルデザインや形のビジネスバッグを選ぼう

デニムに合うビジカジバッグは、デザイン選びにも幅が広がります。カジュアルスタイルの通勤バッグとしては、電車や自転車通勤にも便利なリュックや、容量が大きく荷物ががっつり収納できるトートバッグがおすすめです!いまや通勤バッグとして主流にもなっているリュックやトートバッグは、カジュアルな服装にマッチするだけでなく、仕事に必要な荷物を十分に収納できる機能性も兼ね備えています。カラーバッグでアクセントにしてみるのもおしゃれです◎。

2-2.ビジネスバッグの素材別のポイント

ビジネスバッグを選ぶ上で、”素材”は鞄の印象にも関わるポイントです。ここでは素材別にご紹介します。

1.合成皮革/人工皮革

皮革のような風合いを持ちながらも、取り扱いが非常にしやすい合成皮革/人工皮革素材。雨や汚れに強く手入れがしやすい鞄が欲しい、という方は、この素材がおすすめです。

2.その他素材(ポリエステル、ナイロン等)

近年ビジネスバッグ素材の主流にもなっているポリエステルやナイロン素材。カジュアルな印象になり、ビジカジバッグとしてコーディネートに取り入れやすいです。そして、取扱いや手入れのしやすさ、軽量であることなどのメリットもあります。

3.レザー素材

デニムに合うビジカジバッグだけど、フォーマル感を損ないたくない!という方におすすめなのが、レザー素材のビジカジバッグです。本体がレザーだと、高級感とフォーマルな印象を与えます。カジュアルなデザインでも、レザー素材であることによってONのシーンでも馴染みます。
また、レザービジネスバッグはその素材の良さから丈夫で、比較的長く使用することができるのでおすすめ。

レザーを使ったビジネスバッグ

2-4.デニムに合わせるビジネスリュック

最近では、街や電車で多く見かけるビジネスリュック。ハンズフリーで取引先からの電話にもすぐに出れたり、荷物が増えたときも安心。デニムスタイルには、カジュアルなビジネスリュックがおすすめです!

おすすめビジネスリュック

2-4.デニムに合わせるトートバッグ

トートバッグはオン・オフでも活躍してくれる優秀なアイテム。そして、荷物をたくさん収納することができて、長いハンドルのデザインは肩掛けが出来て手持ちのビジネスバッグに比べて楽ちん♪オン・オフでも使用できるトートバッグをご紹介致します!

おすすめトートバッグ


3.まとめ

最後に、デニムに合わせるビジネスバッグを選ぶポイントをまとめると以下になります。

1.スクエアの形など堅苦しくないデザインのものを選ぶ
2.ビジネスシーンで活躍してくれる機能性があるものを選ぶ
3.少々派手でもデニムスタイルには合う!

デニムスタイルにはジャケパンスタイルよりもさらに鞄のデザインを選べる幅が広いので、機能性重視で選んでも◎
ぜひ自分に合ったビジカジバッグを見つけて下さい♪